カテゴリー

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日
 

バイク用エコオイルチェンジャーJET Q&A

Q1. どこに行けば商品を購入することが出来ますか?
A.バイク用のエコオイルチェンジャーJETは当社が国内総発売元となっているので、当サイト限定販売となっており、他では購入することが出来ません。ご了承ください。

Q2.自分のバイクに合うかどうか分からないのですが?
A.ドレンボルトのサイズ(ボルト径とネジピッチ)については、車体番号をご確認いただき、メーカー及び2輪車販売店にお問い合わせの上、B106SX(M14×P1.5) B109SX(M12×P15) B111SX(M14×P1.25)のいずれかの品番からお選びください。
※サイズが合わない場合には何卒ご了承ください。

Q3.ハーレーやドゥカティといった外車でも使えますか?
A.国内規格に沿って製造しているため、輸入車とのマッチングは不明です。
 発売元としてはお勧めできませんことをご了承ください。

Q4. エンジンオイルの種類はなんでも大丈夫ですか?
A.メーカー純正品オイルを推奨します。

Q5. レバーが硬くて動かない(回らない)のですが?
A.エコオイルチェンジャーJETをオイルパンに取り付ける前は、エンジンのオイルパンに固定されていないことから、硬く感じられることがあります。オイルパンに取り付けた後は、エコオイルチェンジャーJETが固定されますので、レバー操作はとても楽になります。 また、オイル交換を一度することでオイルが内部に回り、驚くほど滑らかになりますので、レバーはスムースに動きます。

Q6.自分でオイル交換をするのが初めてなんですが、何かコツはありますか?
A.事前にエンジンを少し温めておき、エンジンを停止してから、エンジンオイルの注入口のキャップを開けます。そうすることで、エンジンオイルが温められて柔らかくなり、注入口が空いているので、そこから空気が入り、オイルが抜けやすくなります。また、車体を少しだけ揺らすことで、底に残ったオイルが抜けやすくなります。(エンジン内のオイルはオイルフィルター、エンジンケースのデザイン、ギアボックスなどの関係で完全に抜け切ることはプロでも難しいので、頃合いをみてレバーを締めてください)

Q7.エコオイルチェンジャーJETを取り付けることでどんなメリットがありますか?
1.)工具を必要とせず、指一本で操作でき、廃油を効率よく排出できます。
2.)一度取り付けたら、取り外しは不要ですので、これまでのドレンボルトのように、ドレンボルトの頭を工具でなめて変形させることはありません。
3.)大型バイクでは4リットル以上のエンジンオイルが使われている車種があります。 大容量なので、ドレンプラグを取り外すときに圧力がかかり、廃油でドレンボルトを受け皿の中に落としたり、手が廃油まみれになることがありますが、エコオイルチェンジャーをJET使えば大丈夫です。また、途中でオイルの排出を止めることもできるため、受け皿を取り替える際に大変便利です。床や手などを廃油で汚すことがないので、ウェス、クリーンシートの使用量も少なく、とても経済的です。
4.)スラッジ(金属粉)などの不純物はオイルパンの底に沈んでいますので、オイルはポンプなどで上から吸い上げるのではなく、下から抜くのが理想的です。エコオイルチェンジャーは、ドレンプラグを抜いたときと同じように、オイルパンにオイルが残留することなく排出されます。(※センタースタンドを外した車両の場合、オイルとスラッジがオイルパンの底に残留することがありますので、直立させてご使用下さい。最初からセンタースタンドが無い車両は、サイドスタンドでオイルが抜ける場所にドレンボルトが付いていますのでそのままご使用ください)。
5.)オイルを入れ過ぎた場合、適正量まで簡単に調整が可能です。

Q8. オイルパンの一番下についているのでぶつかる心配はありませんか?
A.一般的にオイルパンは、地面に最も近い位置にはありません。エコオイルチェンジャーよりも、マフラーや、スタンドのほうが地面により近い位置にあります。歩道の縁石に乗り上げたり、路面の突起物に当たらない限りぶつかる心配はありません。

Q9. レバーの位置を、好みの方向に向けて取り付けられますか?
A. エコオイルチェンジャーJET (SX シリーズ) はレバー操作がしやすい方向に、取り付け固定できます。 オイルフィルターのふたの部分や、オイルパンの突起部分を避けながら装着してください。

Q10.レバー(ハンドル)が振動で開くことはありませんか?
A. レバーは強化スプリングにより下方向に押されてロックされております。 振動で上に押し上げられたり、スライドしてレバーが動くことはありません。 また、製品に付属している樹脂製のレバークリップを装着していただければより安心です。 (レバークリップはレバーが完全に溝に落ちていないと装着できません)

Q11.スラッジや異物を噛んでオイル漏れを起こすことはありませんか?
A. 当社において、連続2万回以上の開閉テストを行いましたが、オイル漏れは認められませんでした。開閉テストではオイル漏れを確認することは不可能でした。 また、廃油に含まれるスラッジ(金属粉)や異物を噛みづらい構造になっており、これらによるオイル漏れを起こす心配はありません。内部構造のボールはワイパーのようにシート面を滑り、内部のスラッジや異物を排出します。オイルの排出口は、ストレートフロー(ストローのように入り口から出口まで同じ口径)の構造になっておりますのでスラッジ(金属粉)が途中で引っかかることなく、廃油と共に排出します。 また、ボールの両面にオイル漏れを防ぐシートがあるので、仮に一次側のシートが痛んでも二次側のシートでオイル漏れを防ぎます。このようにシートからのオイル漏れに対しては入口側と出口側で二重の安全がなされております。通常の状態でお使い頂ければ、まずオイル漏れを起こす心配はありません。

Q12.エコオイルチェンジャーはどんなバイクにも取り付け可能ですか?適用車種がありますか?
A.エコオイルチェンジャーJET(SXシリーズ)は、ボルト部分と本体が独立していますので、オイルパン形状への適用範囲を広く設計しておりますが、ドレンボルト周辺の形状は弊社でも特定がしづらい為、事前に現車確認をお願い致します。 ホームページ上の適合表につきましては、純正のドレンボルトサイズを記載してあります。 エコオイルチェンジャーJETとのマッチングにつきましては、事前の現車確認にてドレンボルト周辺の形状をご確認ください。

Q13.どんな材質を使用していますか?
A.本体は真鍮の鍛造です。レバー、スプリングはステン(SUS)、シートはテフロンです。 ボールは真鍮にクロムメッキしております。錆びたりする材質は使用していません。

Q14.オイルは、どんな状態で交換すると良いですか?
A. オイルが冷たいと粘性が高くなり抜けにくくなります。但し、熱いとやけどしますので危険です。エコオイルチェンジャーがあれば大丈夫ですが、少しオイルが冷えてから抜くほうが良いと思います。熱いと思われる場合は十分注意してオイルを抜いて下さい。 また、オイルを抜く際には、オイル注入口のキャップを開けてください。オイルが抜けやすくなります。

Q15.エコオイルチェンジャーの取り付け方で特に注意することはありますか?
A.取り付けの際は、締め付けトルクにご注意下さい。締め付けトルクは取扱説明書に記載されています。また、完全にレバーがロックしている(溝に落ちている)のを確認してから新しいオイルを注いでください。ロックが不完全ですとオイル漏れの原因となります。取り付け後は、定期的に緩みがないか確認してください。

Q16. すぐに欲しいのですが、宅急便で送ってもらえないでしょうか?また決済方法を代金引換でお願いしたいのですが可能ですか? A.当社では、ゆうパケット、ゆうパックなどの日本郵便株式会社が提供するサービスにてお届け致します。決済方法は、クレジットカード決済のみとなります。

Q17. エコオイルチェンジャーの耐久性はどの程度ですか?
A.オイル漏れのテストでは半永久的に使用可能ですが、使用条件が様々ですので、バイクの耐久年数と同じとお考え下さい。耐温度は、使用条件によって異なりますが、プラス140度、マイナス20度です。

Q18. PL保険には加入していますか?
A.はい、加入しております。但し、保険の対象は製造上の不備、設計のミスに限ります。 事故、過失、行為等によるトラブルは保険の対象外です。

Q19. 製造管理はしていますか?
A.本体にロット番号を刻印して、品番、製造年月日を管理しております。

Q20. 漏洩検査はしていますか?
A. エンジンに取り付ける部品ですので、全数検査しております。

Q21. 国際基準のISOは取得していますか。
A.ISO9001認証取得1995年3月 ISO14001認証収得2003年7月 環境、品質管理、品質保証された工場で製造しております。

Q22.  付属のレバークリップとソケットだけを購入したいのですが?
A.当店では単品での販売を行っておりませんので、製造元の麓技研様のサイトで購入をお願いします。
URL:http://www.fumotogiken.co.jp/shop/
レバークリップ品番:LC-10SX ソケット品番:SL-10
どちらも4輪車用と同じ部品となります。

Q23.お手入れについて
A.金属非対応の市販の原液洗剤などを使用すると変色の恐れがございます。
お手入れの際には必ず金属専用の洗剤をご使用ください。

Q24.締め付けトルクについて
A.別売りの六角レンチ以外の工具をご使用の場合には、締め付けトルクにご注意ください。

Q25.使用したエコオイルチェンジャーを、別のバイクに取り付けられますか?
A.はい、サイズがマッチングしていれば可能です、Oリングについては付け替え時に交換しなくても問題ございません。

Q26.購入後の修理対応可能でしょうか?
A.申し訳ございません、修理対応は承っておりません。最低地上高の低いバイクの場合には走行にご注意していただきますようお願い申し上げます。

Q27.海外への発送について
A.日本郵便オフィスサポートとしては国内販売のみとなっております、海外発送をご希望の方は、製造元の麓技研株式会社
http://www.fumotogiken.co.jp/contact/
に直接お問い合わせください

 

ページトップへ

ページトップへ